2017-09

※注意書き※

このブログはオティークが好き勝手にいろいろなことを書いていくブログです。 ブログ内には鬱っぽかったりわがままでイライラする内容がてんこ盛りです。 タイトルとカテゴリに小説と入っているものは夢小説なのでご注意ください。 著作権はオティークにあります。夢小説は大変痛々しい内容となっております。 カテゴリ「小説」「読書」「ゲーム」「DVD」はもろネタバレです。ご注意ください。 読んだ上での苦情は受け付けません。しかし誤字脱字等の指摘は歓迎いたします。 注意書きはオティークの判断で加筆修正される場合があります。 2012.2.09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ああ、読んだ読んだ

久々の日記更新・・・

tk書くことあるんだからめんどくさがらずに書けばいいのにねえ・・・

先月の30日に市立図書館を初めて利用して、6冊借りてきてそれをひたすら読んでたw

やっぱり借りていると読まなきゃってなって自然と読むようになるね。

学生時代によく本を読んでいたのも、そのせいなのかしら?

買ってしまうといつでも読めるから、ついつい後回しにしてしまいがちだしね(をい)


『南極(人)』

京極夏彦 著
集英社
約498p

なんというギャグ小説www
京極夏彦の小説で読んだ中でギャグっぽいのは、最初が「どすこい」、で「百鬼徒然袋」シリーズ・・・も一応ギャグ・・・・・なんだろうか。
今回のは一応笑えたけど・・・なんだかなあ。
話の展開が毎章おんなじ感じだし、メタなネタも多すぎてなんつうか飽きる。
同じギャグ小説なら「どすこい」のほうが好きだなあ・・・・
まあ、こういう小説は京極夏彦が書いたから価値があるものなんだろうけど(いつもの作風とのギャップ的に考えて)
あ、でもこち亀とバカボンとのコラボは一読の価値あり。


『ぼんくら』

宮部みゆき 著
講談社
約513p

宮部みゆきはなんか全然劣化しないよね。
一番最初に読んだのが「龍は眠る」だったっけ・・・あの作品を読んだときに今まで児童文学しか読んでなかった私に電撃が走ったもんなあ・・・(児童作品を批判しているわけではありません。あくまでも違う世界が見えたということです)
今回の作品も、今までとは劣らずに良い作品でした。
最初は江戸の下町人情噺かと思いきや、各章を読むうちに次々と真実が明らかになり、前の章のほんの些細なことや、解決済みのことまでが重要な伏線になっていて驚いた。
登場人物もくどくないようにでもしっかりとキャラ立ちしてるし・・・
後半になるにつれて目が離せない怒涛の展開や、少し物悲しくでも希望のある結末はさすがというよりない。

・・・・なんかこの作品はシリーズ化しているらすぃ。いつか読もうっと。

『イルカ』

よしもとばなな 著
文藝春秋
約252p

久々によしもとばなな読んだ。
本当はあんまり得意でないのだけれど、なんかたまーに読みたくなるんだよね・・・
そんで読んでからブルーになるんだよなあ・・・主人公に共感できなくて。
多分違う世界を覗き込みたいという願望かも。
読んだ限り、自伝小説かと思った。主人公、恋愛小説家だし。
半同棲している相手がいる男と関係をもち、その後まあいろいろあって妊娠しました。結婚はしなくていいから認知だけしてね。っていうまあ省略すると身もふたもない話なんだけど。
ただ、妊娠が分かったのが、いわゆる「見える」人に教えてもらったっていうのがね~・・・あとは剥製の良くないものとか件の男の相手のぼんやりとした不安感が赤ちゃんを消してしまいそうなんだとか。
そーゆーのって否定はしないけど個人の好みじゃないからまあちょっともにょるというかなんというか・・・

『村上春樹全作品 1990~2000 ① 短編集Ⅰ』

村上春樹 著
講談社
約305p

村上春樹作品は初期が良いとか言ってた人がいたから借りてみたけど・・・・・・
うーん・・・・
短編集だからかなあ?全体的に意味が分からないし、星新一みたいなのを目指そうとしたのか知らんけど、オチもなければ意味もないというなんだかなあな感じ。
それになんかこう全体からこう自己陶酔のかほりが・・・・w
内容もなあ・・・不倫だとか処女を最近見てないとかレイプだとかなんつうか「がっついていないけど欲望に忠実な僕」に酔ってる感がなんともまあ・・・
いや、これ以上は書かないようにしよう。

『死神の精度』
伊坂幸太郎 著
文藝春秋
約275p

これは面白かった。
ミステリー・・・?っぽいなにかだけれどもw
伊坂幸太郎らしい不思議な世界観。
最後の話はほんわかして好きだったなあ・・・
ぶつくさ言いつつも、頼みを引き受けてしまう死神の人の好さがまた、いい。

『まひるの月を追いかけて』

恩田陸 著
文藝春秋
約387p

すごく面白かった。
知らず知らずに物語に引き込まれていった。
tkこの作者は男女の書き分けがうまいね。
下手な作家だと、男主人公なのに変に女々しかったり、女主人公なのにどう見ても童貞の妄想としか思えない現実の女とはかけ離れたのが出てくるからね・・・・
最初の違和感、そして明かされていく真実。
最後の何とも言えないやりきれなさ。
これ以上書くとネタバレになりそうwww
でも、とても面白かったので、読んでみてくださいな。







・・・・・・・・・・・・実は、もう一冊借りてたけど、もう読んでた本だったんだよね・・・

ちゃんと確認しとけばよかったorz

また明日返しに行って、また借りてくるZE☆
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://megagirasu.blog40.fc2.com/tb.php/105-c811ed4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

読んで溜まって «  | BLOG TOP |  » あうあうあー

プロフィール

オティーク

Author:オティーク
初めまして。オティークと申します。

ボーダーのなりそこない系メンヘラ屑女です。
ついでにネット中毒

実は結婚してたり。
まあ、おんぶにだっこのごみくずですが・・・・orz

これだけでは何なので、もっさりと自己紹介でも

好きな食べ物・・・・・スープ系の食べ物が大好きです。tkスープ系なら何でも。あとはおつまみ系・お漬物・魚卵等々。麺類も好き。そして果物。

嫌いな食べ物・・・・あんま好き嫌いはしないけど、強いて言うなればしめさばみたいな酢のにおいがきつい奴かな・・・。めかぶは食感が嫌い。

好きな飲み物・・・紅茶(フレーバーティーとかって美味しいよね)・炭酸水

好きな生き物・・・・ぬこ!ぬこおおおおおおおお!11

趣味・・・・ネットサーフィン・読書・特撮・DVD鑑賞・タロット占い・ゲーム・寝ること・食べること(ピザ並感)

好きな本・・・・夢十夜、ドグラマグラ、レベル7、オジいサン、ルポ・ドキュメンタリー系 等々浅く狭く

好きな漫画・・・なるたる・ねじ式・寄生獣・むこうぶち・ASTRAY

好きな映画等・・・ヤン・シュバンクマイエル全般・ウルトラQ・初代ウルトラマン・ゴジラシリーズ全般

好きなゲーム・・・・大神・キラー7・キングダムハーツ・スカイリム・テトリス・WoT

良く聞く音楽・・・・ゲーム曲・JAZZ・特撮BGM等

補足・・・どうしようもないゴミ屑です。構ってくれるときっとうれしいです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
その他 (3)
日常 (96)
妄想:ガンダム (1)
料理 (4)
ゲーム (13)
読書 (66)
ニコ動 (1)
TRPG (6)
ぬこ (8)
DVD (15)
小説 (7)
音楽とか (2)
映画 (3)
妄想 (4)

リンク

ついったー

ぼそぼそとつぶやいています

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。