2017-07

※注意書き※

このブログはオティークが好き勝手にいろいろなことを書いていくブログです。 ブログ内には鬱っぽかったりわがままでイライラする内容がてんこ盛りです。 タイトルとカテゴリに小説と入っているものは夢小説なのでご注意ください。 著作権はオティークにあります。夢小説は大変痛々しい内容となっております。 カテゴリ「小説」「読書」「ゲーム」「DVD」はもろネタバレです。ご注意ください。 読んだ上での苦情は受け付けません。しかし誤字脱字等の指摘は歓迎いたします。 注意書きはオティークの判断で加筆修正される場合があります。 2012.2.09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特撮魂!!


やっと読み終わったは・・・。

tkマジで頭の回転がどうかしてるとしか思えん。

半月でたった一冊とか死ねるんですwwww


この本の感想ですが、私が頭悪いので、かなり頭の悪い文章になってます(いつもですが)。

川北監督および川北監督の作品のファンの皆様はお気をつけてくだしあ(^q^)





















『特撮魂 東宝特撮奮闘記』

川北紘一 著
洋泉社
約291p


川北紘一さんは、平成ゴジラのvsシリーズ黄金期を築きあげた東宝最後の特技監督だよ。

特技っていうのは、「特殊技術撮影」の略で、いわゆるミニチュアとか合成とか使う特殊な撮影のことだよ。

って、説明するまでもないかな。川北監督は有名人だし(ドヤァア)

本書は、川北監督の出生~現在までのエピソードが書かれている。

川北監督が初めて特撮の撮影現場に参加したのが1962年の「妖星ゴラス」で、その時はカメラマンだったらしい。それからずっと円谷英二の元でカメラマンをして1965年「太平洋奇跡の作戦 キスカ」~1970年「ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣」までの間、光学撮影・合成の仕事を手掛けることになる。光学撮影・合成とは、その名の通りフィルムに加工をして、アニメーションを付け加えたりするお仕事です。今はみんなデジタルだけれど、この時代はフィルム撮影なので、フィルム1コマ1コマに手を加えていく撮影班とはまた違った形で大変だったらしい。しかも当時のフィルムは感度が悪く、合成の際に大量の光源が必要で、そのせいで川北監督は網膜剥離し、3か月入院する羽目になったとか。
光学撮影・合成で働いていた時期では、円谷英二が没にしたフィルムを独自に研究し、編集のノウハウを学ぶ一方、「自分ならこうする」と独自の方向性を模索する等その後のvsシリーズをはじめとする作品への下地が出来始めていたようだ。

そうして「ウルトラマンA」(1972)で特技監督デビュー。東宝で培ってきた特撮のノウハウや新しい技術の研究になったそう。
そうして、パニック映画ブームになるわけだけれど、当時の撮影が凄い。今だったら絶対CGで合成してしまうところまで徹底的に作り上げている。例えば「日本沈没」(1973)の富士山でのロケは、わざわざ有料道路を遮断し貸切状態にして撮影した挙句にスタッフの車を犠牲にしたり(もちろん後で修理代は払われたらしい)、「あの太陽を消せ」との本編監督である森谷監督の一言でトラックのタイヤを燃やし発煙筒を何本も焚いて煙で完全に太陽光を遮断する等、とにかく本物志向で豪華で、今では出来ない撮影方法が、文章で読んでいても衝撃的。

それから、少ししてゴジラが復活。

川北監督はあまり脚本には拘らない剛毅な監督だったらしく、そのおかげで現場のスタッフはだいぶ苦労したとかwでも、その柔軟な発想のおかげで自走するビオランテやデス様の角ソードが観れたと思うと、その当時の現場のスタッフのみなさんには悪いけれど、川北監督がそうであってよかった、と思うよ。

「vsモスラ」(1992)からは子供、つまりファミリー向けに路線を変更。カラフルだったりファンシーだったり、それと特撮シーンを増やす等、子供に喜ばれる作品にしたのだとか。
その中でのテーマの一つが『命のリレー』。
「vsモスラ」ではモスラからバトラへ。
「vsメカゴジラ」(1993)ではラドンからゴジラへ。
そして、最終作である「vsデストロイア」(1995)ではゴジラからゴジラジュニアへ。
それぞれにバトンが渡されていく。一つのモチーフだったよう。

「vsデストロイア」でゴジラが死ぬ、それを決めたのは川北監督自身で、それにはハリウッドのゴジラがもうそろそろ完成しそうだということで一つの区切りとしてそうしたとか。
アイデアを出した川北監督自身ゴジラの死亡理由にはとてつもなく悩み苦しんだらしい。しかし、苦悩の上、“尊厳死”ゴジラが自分自身の力によって死に至ってしまう。とてつもなく「ゴジラらしい死に方」だった。そして、田中友幸プロデューサーとの「殺すのはいいが、必ず続きができるようにしてくれ」という約束も、ゴジラの命をゴジラジュニアに受け継がせることにより果たした。

ゴジラが終わってからは、「モスラ」(1996)「モスラ2」(1997)の特技監督を勤めたのち、東宝を退社、独立する。

そうして「超星神シリーズ」(2003~2005)を手掛け、「Kawaii!JeNny」(2007)というドールを使った異色の作品も担当する。

川北監督の活躍もまだまだ期待できそうだ。












なれない感じで文章書いたから頭痛が痛いです(^q^)

tk、自伝本とかノンフィクションとかどういう風に感想書いていけばいいのかわからないれす(^q^)

色々解釈とか間違ってたらごめんなさい(^q^)
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://megagirasu.blog40.fc2.com/tb.php/153-32ab33a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

特撮は無形文化遺産にすべき «  | BLOG TOP |  » てけり・り!てけり・り!

プロフィール

オティーク

Author:オティーク
初めまして。オティークと申します。

ボーダーのなりそこない系メンヘラ屑女です。
ついでにネット中毒

実は結婚してたり。
まあ、おんぶにだっこのごみくずですが・・・・orz

これだけでは何なので、もっさりと自己紹介でも

好きな食べ物・・・・・スープ系の食べ物が大好きです。tkスープ系なら何でも。あとはおつまみ系・お漬物・魚卵等々。麺類も好き。そして果物。

嫌いな食べ物・・・・あんま好き嫌いはしないけど、強いて言うなればしめさばみたいな酢のにおいがきつい奴かな・・・。めかぶは食感が嫌い。

好きな飲み物・・・紅茶(フレーバーティーとかって美味しいよね)・炭酸水

好きな生き物・・・・ぬこ!ぬこおおおおおおおお!11

趣味・・・・ネットサーフィン・読書・特撮・DVD鑑賞・タロット占い・ゲーム・寝ること・食べること(ピザ並感)

好きな本・・・・夢十夜、ドグラマグラ、レベル7、オジいサン、ルポ・ドキュメンタリー系 等々浅く狭く

好きな漫画・・・なるたる・ねじ式・寄生獣・むこうぶち・ASTRAY

好きな映画等・・・ヤン・シュバンクマイエル全般・ウルトラQ・初代ウルトラマン・ゴジラシリーズ全般

好きなゲーム・・・・大神・キラー7・キングダムハーツ・スカイリム・テトリス・WoT

良く聞く音楽・・・・ゲーム曲・JAZZ・特撮BGM等

補足・・・どうしようもないゴミ屑です。構ってくれるときっとうれしいです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
その他 (3)
日常 (96)
妄想:ガンダム (1)
料理 (4)
ゲーム (13)
読書 (66)
ニコ動 (1)
TRPG (6)
ぬこ (8)
DVD (15)
小説 (7)
音楽とか (2)
映画 (3)
妄想 (4)

リンク

ついったー

ぼそぼそとつぶやいています

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。