2017-09

※注意書き※

このブログはオティークが好き勝手にいろいろなことを書いていくブログです。 ブログ内には鬱っぽかったりわがままでイライラする内容がてんこ盛りです。 タイトルとカテゴリに小説と入っているものは夢小説なのでご注意ください。 著作権はオティークにあります。夢小説は大変痛々しい内容となっております。 カテゴリ「小説」「読書」「ゲーム」「DVD」はもろネタバレです。ご注意ください。 読んだ上での苦情は受け付けません。しかし誤字脱字等の指摘は歓迎いたします。 注意書きはオティークの判断で加筆修正される場合があります。 2012.2.09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TRPGシナリオ2

前のが長くなりすぎたのでこちらにうつす。

民宿で戦闘するとその後は表だって村で行動することが出来ない。
戦闘しなければそのまま調査を続行することが出来る。
※民宿で戦闘した後、朝方まではなにをしても見とがめられないが、11時以降に村に行くと、一つの場面事に幸運ロール。失敗すると村民に見つかり追いかけ回される。交番に駆け込んでもむだ。逆に逮捕されかける。
逃げてその後はアイデアロール-15に一人でも成功すれば、隠れる場所が見つかったと見なし無事に逃げ切れることにする。

○精金工場
・精金工場は村のどの建物よりも大きいが、とても古くあちこちが痛んでいる様子がうかがえる。
・不思議なことに、工場周辺には人の姿が見えない。
・アイデアロールに成功すると、建物の裏手に空いたままのドアを見つけることが出来る。どうやら業者が物資を運んでくる搬入口らしい。そこから中に入ることが出来そうだ。
・中に入ると何とも言えない生臭さが充満している。
・一回部分は口の字になっており、それぞれの面にドアが一つずつある。
・東は従業員室 従業員室にはなぜか誰もいない。鍵かけが壁に貼り付けてあり、鍵が一つだけ掛かっている(よくみると鍵はスペア)。
・南は玄関
・西は倉庫と書かれて居る。重厚なドアで作られており、錠前もこのドアだけ近代化されており、開けることは不可能に見える。
・北の扉を開けると地下へ続く階段が見える。

○精金工場 地下
・地下はかなり深い吹き抜けになっており、ますます生臭さと腐敗臭が酷くなる。点滅する蛍光灯・轟々と機械の稼働する音と熱気は探索者の思考を鈍くさせる何かがあるような、そんな感じがした。
・地下はかなり深いが、建物の構造はさして複雑ではなくただ下へ下へと階段が続いている。
・一番下へはかなり楽に行くことが出来る。しかし下へ行く事に腐敗臭と熱気は酷くなる。階段の途中でsunチェック(0/1d4)の正気度を失う。
・一番下に行くと赤くさび付いた鉄の両開きのドアがあり、「関係者以外立ち入り禁止」の文字が。ドアには鍵が掛かっておらず、たやすく中に入ることが出来る。

○精金工場 精金所
・そこは、肉の壁・・・・いや、肉と呼ぶにはおぞましすぎる何かだった。体育館ほどある部屋のその壁には元の壁が見えぬほどにそのおぞましい物体がはびこっていた。それは玉虫色の明度を可能な限り暗くしたような名状しがたき色彩をしており、腐敗臭ともつかない悪臭をまき散らし絶え間なく蠢動していた。ときおりその表面はちかちかとまたたき、よく見ると無数の虚ろな目が虚空を見つめているのに気がついた。そして、まるで探索者をあざけるような奇怪な声・・・・!「てけり・り! てけり・り!」

sunチェック(1d6/1d20)の正気度を失う。

・よく見ると、そのおぞましきなにか・・・しょごすがいる所はプールのようになっており、さらに下へ空間があるようだ。そしてその空間にしょごすが満たされているらしい。
・しょごすは幸運ロールに成功するとこちらに気がつかないが、5分後には気がついてしまう。(plには「いつ気がつくか分からない」)それまでに南東の部屋に駆け込むか元の扉に戻るかすると生存。

 元の扉に戻る→深きのもども×3と戦闘(ただしこの深きものどもはさして強くない。平均値より低め設定※ただし鉄パイプもち)
 南東の扉に強行突破する→南京錠が掛かっている→従業員室の鍵を使う→深きもの(こちらは平均値よりも高め 武器(日本刀)も持っている)と戦闘
 そのまま時間が過ぎる→しょごすと強制戦闘→死亡

○精金工場 南東の部屋

・広間のあまりにもおぞましい物体・・・しょごすの無数の目を幸運にもかいくぐった探索者達は、航海日誌にあった南東の部屋・・・その扉へ走った。幸いにも従業員室から持ち出した鍵で扉は開き転がり込むように部屋に入る。その部屋は何かに守られているのか広間の肉塊は全く浸食してきてはいないようだ。しかし・・・しかしそこには日本刀を握りしめた、白衣を着た半魚人がじっと暗く大きく飛び出た双眸でこちらを見つめていた。肌は灰色がかった緑色で一面にウロコがびっしりと生えていた。頭部は禿げ上がり、中途半端に短い頭髪と思われるものがわずかに付着しているばかりだった。
・半魚人の言葉は非常に不明瞭だった。けろけろともぐるぐるとも聞こえ、わずかに聞き取れる内容も狂気じみていた。「大いなる司祭」とか「神様」とか「黄金が」という単語しか聞こえない。もう理性は無くなってしまったようで、日本刀を構えこちらににじり寄ってくる。
・半魚人を倒すと、白衣のポケットから財布がでてくる。中身はしわくちゃでもう使えないほどぐちゃぐちゃになった紙幣と、船長の名前の免許証だった。
・改めて部屋を探索すると、床には魔方陣が描かれており、この場所で召喚の儀式が行われていたことがわかる。
・退散の儀式は滞りなく終わり、呪文の最後を唱えると大きな地震と身を引き裂かんばかりの悲鳴が聞こえる。揺れが少なくなってきたところで広間に出ると、真っ白な壁がまず目に飛び込んでくる。そしてあの冒涜的な名状し難きものが満たされていたプールの中は暗い空間が広がっているのみであった。
・広間を改めて見回すと、他にもドアが3つあるようである。(ここは調べても調べなくても真相は後で分かる)
・儀式の部屋と反対方向にあったのがボイラー室 その隣が金を型にいれる場所 そしてしょごすにかくれて見えなかった部屋は、13体の腐りかかった死体が無造作さに置かれていた。
・精金工場から出ると、村の様子がおかしい。誰の気配もしない。


○エピローグ
・しばらくのあいだ、「連続死体盗難事件 解決!」というニュースがしばし世間で流れる事になる。
・世間的には精金工場社長は行方不明であり、貿易船の船長をしていたときに邪教に没頭し、死体を生贄にしようとしていたのではないか。とか村ぐるみで死体を食べるという悪魔てき行為をしていたのでは無いか。等々と報道されている。
・探索者は刑事の長男に真実を伝えるか伝えないか選択させる。
・伝えた場合は、「そんなことが、あったのですか。」と恐怖とも困惑とも取れない表情をする。そして少し逡巡したのち、顔を上げて「ありがとうございました。やはり父は間違っていなかったと・・・確信することが出来ました」そう告げて深々と頭を下げた。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://megagirasu.blog40.fc2.com/tb.php/28-c566a127
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

GMやってきたお «  | BLOG TOP |  » いつも通り

プロフィール

オティーク

Author:オティーク
初めまして。オティークと申します。

ボーダーのなりそこない系メンヘラ屑女です。
ついでにネット中毒

実は結婚してたり。
まあ、おんぶにだっこのごみくずですが・・・・orz

これだけでは何なので、もっさりと自己紹介でも

好きな食べ物・・・・・スープ系の食べ物が大好きです。tkスープ系なら何でも。あとはおつまみ系・お漬物・魚卵等々。麺類も好き。そして果物。

嫌いな食べ物・・・・あんま好き嫌いはしないけど、強いて言うなればしめさばみたいな酢のにおいがきつい奴かな・・・。めかぶは食感が嫌い。

好きな飲み物・・・紅茶(フレーバーティーとかって美味しいよね)・炭酸水

好きな生き物・・・・ぬこ!ぬこおおおおおおおお!11

趣味・・・・ネットサーフィン・読書・特撮・DVD鑑賞・タロット占い・ゲーム・寝ること・食べること(ピザ並感)

好きな本・・・・夢十夜、ドグラマグラ、レベル7、オジいサン、ルポ・ドキュメンタリー系 等々浅く狭く

好きな漫画・・・なるたる・ねじ式・寄生獣・むこうぶち・ASTRAY

好きな映画等・・・ヤン・シュバンクマイエル全般・ウルトラQ・初代ウルトラマン・ゴジラシリーズ全般

好きなゲーム・・・・大神・キラー7・キングダムハーツ・スカイリム・テトリス・WoT

良く聞く音楽・・・・ゲーム曲・JAZZ・特撮BGM等

補足・・・どうしようもないゴミ屑です。構ってくれるときっとうれしいです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
その他 (3)
日常 (96)
妄想:ガンダム (1)
料理 (4)
ゲーム (13)
読書 (66)
ニコ動 (1)
TRPG (6)
ぬこ (8)
DVD (15)
小説 (7)
音楽とか (2)
映画 (3)
妄想 (4)

リンク

ついったー

ぼそぼそとつぶやいています

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。